プレスリリース 2020年2月竣工予定 (仮称) 東大阪市小阪二丁目マンション
入居募集開始のお知らせ

2019年9月19日

2019年9月19日
株式会社学生情報センター
 
2020年2月竣工予定 (仮称) 東大阪市小阪二丁目マンション
入居募集開始のお知らせ
 
  株式会社学生情報センター(本社:京都市下京区、代表取締役社長:吉浦勝博、以下、「ナジック」)は、東大阪市小阪にエー・ビー・シー開発株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:千原邦義、以下、「エー・ビー・シー開発」)を事業主とし、ナジックが管理運営を行う「(仮称)東大阪市小阪二丁目マンション」の入居募集を開始しましたのでお知らせします。
 
  東大阪市小阪エリアは、近畿大学、大阪商業大学、大阪樟蔭女子大学等、7大学3短大6専門学校が集積し、43,000名を超える学生が通学しています。また、近年の近畿大学をはじめとする応募者数の増加や、学部新設等の大学規模拡大により、ひとり暮らし学生が増加傾向にあります。これに伴う安全・安心な学生用賃貸住宅の旺盛な開発需要を受け、今般、エー・ビー・シー開発が学生マンションを新築し、入居募集から管理運営までをナジックが行うこととなりました。
 「(仮称)東大阪市小阪二丁目マンション」は、難波駅から直通の近鉄奈良線八戸ノ里駅前で、周辺にスーパーやドラッグストア、病院、警察があり、また、各大学まで自転車や徒歩数分圏内と、生活にも通学にも便利な立地です(下記物件概要ご参照)。
 

               完成予想図(外観・エントランス)
 
  事業主のエー・ビー・シー開発は、日本初の総合住宅展示場をオープンした朝日放送のハウジング事業を継承以来、事業領域を不動産等の分野にも拡げ、賃貸事業では、近畿圏を中心に良質なレジデンスやオフィスビルを保有し、入居者満足を第一に置いた運営・管理を行っています。このたび、時代のニーズや土地の付加価値向上を鑑み、初の取組みとなる学生マンションの開発に着手されました。
 
 ナジックは、創業以来40年以上、学生の住まいのサポートからキャリア形成まで学生生活全般を支援してきました。2003年より近畿大学前店を構え、東大阪エリアでも数多くの学生マンションの開発から管理運営までを手掛けてきた実績とノウハウを活かし、一人でも多くの同エリアの学生の生活が充実するよう支援してまいります。
 
■物件概要
名  称:(仮称)東大阪市小阪二丁目マンション
所 在 地:大阪府東大阪市小阪二丁目136-4
交  通:近鉄奈良線「八戸ノ里」駅 徒歩2分
建築面積:359.13㎡
構造規模:鉄筋コンクリート造10階建
延床面積:2,763.96㎡
用  途:近隣商業地域
戸  数:90戸
設  計:株式会社永都設計
竣工予定:2020年3月(2020年4月入居開始予定)
 
以 上

 

エー・ビー・シー開発株式会社の概要(2019年4月1日現在)
 設  立:1972年   所  在:大阪市福島区   代 表 者:代表取締役社長 千原邦義
 従業員数:83名
 事業内容:住宅展示場の企画・運営、ハウジング・デザイン・センターの企画・運営、生命保険代理業、
      損害保険代理業、広告代理業、不動産事業
 コーポレートサイト:https://www.abcd.ne.jp/
 
株式会社学生情報センターの概要(2019年4月1日現在)
 創  業:1975年   所  在:京都市下京区   代 表 者:代表取締役社長 吉浦勝博
 従業員数:711名(グループ計)
 事業内容:学生レジデンス事業、キャリア形成支援事業、社会貢献活動の支援
 コーポレートサイト:https://www.tokyu-nasic.jp/
 ナジックマンション:https://749.jp/
 
【本件に関するお問い合わせ先】
㈱学生情報センター 経営企画部広報室 寺田 TEL:090-9997-0457