プレスリリース 学生レジデンスで「たまご屋さんのバレンタインお菓子教室」開催

2019年1月29日

2019年1月29日
株式会社学生情報センター
経営企画部 広報室
イセ食品株式会社
マーケティング推進室
 
学生レジデンスで「たまご屋さんのバレンタインお菓子教室」開催
 
 株式会社学生情報センター(京都市下京区、以下「ナジック」)とイセ食品株式会社(埼玉県鴻巣市、以下「イセ食品」)は、この度、学生レジデンスでバレンタインお菓子作り教室を開催します。
 
 学生マンションや学校寮の管理運営を全国で展開するナジックが、「キャンパスヴィレッジ椎名町(東京都豊島区) ※」入居中の学生を集め、館内シェアキッチンを開放。イセ食品はたまごを提供し、たまごをメインに使ったバレンタインケーキ作りを実習形式にて行います。イセ食品の管理栄養士の指導の下、料理だけではなく、たまごや調理方法に関するクイズゲームも企画され、楽しみながら学べるイベントです。
 学生のひとり暮らしでの自炊割合は、食事提供の有り無し、カフェテリア、シェアキッチン、個別キッチン等、設備タイプにより異なるものの、多くの学生が栄養バランスに高い関心を持っています。学生に基礎的な食材と正しい調理方法について学ぶ機会を提供し、より健康的に充実した学生生活を送っていただこうと両社で企画しました。入居学生同士のコミュニケーションの機会ともなるため、今後、他の食材提供事業者とも協働し、全国のナジック管理運営の学生レジデンスにて展開していく方針です。
 
 ナジックは、「ますます、学生のために。これからの社会のために。」をモットーに、学生マンションや学校施設の管理運営から、学生アルバイトの紹介、就職の支援まで、大学等教育界と連携しながら学生生活をトータルにサポートしています。学生を取り巻く環境の変化に合わせ、学生にとってより安全・安心なサービスの拡充を図ってまいります。
 イセ食品は、「完全栄養食品」とも言われるたまごを、安心・安全はもちろんのこと、おいしさや健康も追求しながら提供し、生活者の信頼を得てまいりました。今般の企画をきっかけに、ひとり暮らしの学生がたまご料理に親しみ、豊かに栄養を摂る習慣ができるよう貢献してまいります。
 
【バレンタインケーキ作り教室開催概要】
内容:ガトーショコラ作り たまご知識クイズほか
日時:2019年2月2日(土)14時~16時
場所:キャンパスヴィレッジ椎名町館内シェアキッチン
プレゼント:イセ食品取扱 最高級卵「伊勢の卵」

参考資料(告知ポスター)はこちら

 

 

※シェアキッチン、食事付き(選択制)学生寮/事業者:東急不動産、管理運営:ナジック
以 上
 
株式会社学生情報センター(東急不動産ホールディングスグループ)の概要(2018年4月1日現在)
所在:京都市下京区   創業:1975年   代表者:代表取締役社長 吉浦勝博
従業員数:620名(グループ計)
事業内容:学生マンション事業、学校寮企画運営事業、社会貢献活動の支援事業
コーポレートサイト:http://www.tokyu-nasic.jp/
ナジックマンション:https://749.jp/
 
株式会社イセ食品の概要の概要(2018年4月1日現在)
所在:埼玉県鴻巣市   創業:1912年    代表者:代表取締役 伊勢彦信
従業員数:732名
事業内容:鶏卵の販売、加工卵の製造
コーポレートサイト:http://www.ise-egg.co.jp/
 
お問合せ先
㈱学生情報センター 経営企画部 広報室  寺田090-9997-0457
イセ食品㈱      マーケティング推進室 片山03-6758-6923